eスポーツはどんなスポーツ?今注目されている訳とは一体!?

ゲーム

 

今話題となっている、オリンピック種目に導入されそうなeスポーツ。
海外では10億円越えの優勝賞金の大会の開催されることもあるらしく、
世界的にかなり夢のある競技になっております。

今回は、そのeスポーツについて全貌を明らかにしていきたいと思います。

eスポーツとは

エレクトロニック・スポーツ(英: electronic sports)通称 eスポーツは、コンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ競技として捉える際の名称である。

簡単にいうと、複数人、一対一で対戦するゲームのことを「eスポーツ」といいます。

世界を見てみると億越えの優勝賞金のある大会があります。
日本ではまだ「スポーツじゃない」という人が大勢います。
ですが、その考え方を持っていると世界の流れに置いて行かれます。
アメリカではすでに、eスポーツはスポーツと認めており、
韓国や中国でも、eスポーツが発展しており
特に韓国では、KeSPA(Korea e-Sports Association)の活躍で、
メジャーeスポーツタイトルの上位プレイヤーやチームの多くを占めることになりました。

KeSPA(Korea e-Sports Association)とは
2000年に設立された韓国のeスポーツ協会で、韓国オリンピック委員会と国際eスポーツ連盟に加盟しています。

eスポーツでプレイされているゲームの種類

「eスポーツ」でプレイされているゲームについて軽く紹介していきます。
もしかしたらあなたがプレイしているゲームもあるかもしれません。
出展:Wikipedia

FPS(ファーストパーソンシューティング)

主人公と同じ視点で対戦する3Dアクションシューティングで、
武器を拾ったり、素手などで敵と戦います。

FPSのゲーム一覧

カウンターストライク サドンアタック
バトルフィールド オーバーウォッチ
コールオブデューティーシリーズ H1Z1
Alliance of Valiant Arms Doomシリーズ
クロスファイア レインボーシックスベガス
スペシャルフォース レインボーシックスシージ

 

TPS(サードパーソンシューティング)

FPSとは違い、自分が操作するキャラクターが第三者視点でゲームの中の世界を移動できる。
武器を拾ったり素手などで敵と戦います。

TPSのゲーム一覧

Word of tanks
World of Warships
PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
Fortnite
Splatoon

 

RTS(リアルタイムストラテジー)

出展:Ancestors Legacy

プレイヤーはリアルタイムに進行する時間に対応しつつプランを立て敵と戦うシミュレーションゲーム。

Age of Empiresシリーズ
Warcraft III: The Frozen Throne
Starcraft II
World in Conflict

 

MOBA(マルチプレイオンラインバトルアリーナ)

RTSから派生したゲームジャンル。
5vs5、3vs3などのチームに分かれ、互いの拠点を取り合うゲーム。

Dota 2 SMITE
DotA Allstars Heroes of the Storm
League of Legends Vainglory
CHAOS HEROES ONLINE Heroes of Newerth
Ace of Arenas LORD of VERMILION ARENA

 

格闘ゲーム

出展:ストリートファイターシリーズ

ストリートファイターシリーズ ザ・キング・オブ・ファイターズシリーズ
DEAD OR ALIVEシリーズ ヴァンパイアシリーズ
鉄拳シリーズ モータルコンバットシリーズ
バーチャファイターシリーズ MARVEL VS. CAPCOMシリーズ
ソウルキャリバーシリーズ キラーインスティンクト
BLAZBLUEシリーズ スカルガールズ
GUILTY GEARシリーズ ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ ウルトラファイトだ!キャン太2

 

スポーツゲーム

出展:FFIFA19

NBAシリーズ ロケットリーグ
FIFAシリーズ 実況パワフルプロ野球シリーズ
ウイニングイレブンシリーズ プロ野球スピリッツシリーズ
マッデンNFLシリーズ

 

レーシングゲーム

出展:Formula One

Formula Oneシリーズ Test Driveシリーズ
rFactorシリーズ PROJECT CARSシリーズ
Project Gotham Racingシリーズ WRCシリーズ
Need for Speedシリーズ Turbo Racing League
GRAN TURISMOシリーズ TrackMania Nations Forever
Forza Motorsportシリーズ

 

パズルゲーム

出展:TETRiS

TETRiSシリーズ
ぷよぷよシリーズ

 

デジタルカードゲーム

出展:シャドウバース

Hearthstone: ハースストーン
シャドウバース

 

音楽ゲーム
beatmania IIDX


MMORPG

ブレイドアンドソウル

オンラインストラテジーゲーム
クラッシュ・ロワイヤル

eスポーツに携わる仕事

日本ではまだ知名度の低いeスポーツですが、そんな日本でも様々な仕事があります。
それを紹介していこうと思います。

 

プロゲーマー

主に、ゲームをすることで報酬を得て生活をしている人。
ゲーム会社とスポンサー契約を結んで大会の渡航費デバイス等の支援を受ける者や、
大会などで賞金を獲得しいます。
いろんな人からの人気などもありファンも多くいたりします。

 

ゲーム実況者

多分このゲーム実況者が皆さんに一番馴染みがあるものだと思います。
YouTubeTwitchなどでゲーム配信や投稿などの広告等で生活している人です。
プロゲーマーの人もよく配信などもしているので人口は一番多いと思われます。

 

大会運営者

eスポーツの大会、イベントを運営企画する人たちです。
プロゲーマー達はこの方々のお陰で生活をしているようなものです!
どう観客を集めたりその観客たちをどう盛り上げるかなど、
演出する能力も必要になってきますね!

 

マネージャー

チームを持っているプロゲーマーの方には必須の方々になります。
メンバーの管理、案件を持ってきたり窓口になったりと、
マネージャーあってこそのプロチームだと思っています。

 

実際eスポーツの賞金はいくらなの?

eスポーツの世界の市場規模はなんと2019年は61.2億円になっているそうです!
普通にやばくないですか?
今後5Gの登場で市場規模はこれよりももっと加速していくと思われます。

海外では、一つの大会で約37億円と大会があったりします。
それに引き換え日本はというと

国の法律で賭博罪に引っかかるとして大きな賞金の大会が開けないといったことがあります。
それも海外で行われた大会でもこれが適用され、上限である10万円に減額されてしまったということがありました。

プロゲーマーは大会の賞金以外にも収入源があります。
ですがこのままだと盛り上がりにも欠けたり、海外との差がどんどん広まっていきます。
法律をうまく回避していって今後の盛り上がりに期待していきたいと思います。

 

まとめ

いかがったでしょうか
少しはeスポーツについて分かったいただきましたでしょうか?
まだまだ日本では大きな規模ではないですが、これから国を挙げて大々的に行っていかないといけないと思われます。
これからの日本に期待ですね!
最後までお読みいただきありがとうございます。

Twitterもやっておりますので是非フォローお願いします。
https://twitter.com/Rianoblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました